社長挨拶

foojoyの由来はfoodをenjoyするという明快なコンセプトを社名に込めた飲食企業です。飲食の仕事はお客様からお金を頂戴しながら「ありがとう」と言って頂ける稀有な仕事です。私たちは創業以来12年間、社員もお客様も両方が笑顔あふれハッピーになる、そんな会社づくりをして参りました。

サービス業では人が礎です。業務スキルや知識は時間が経てばある程度は身につくものです。むしろしっかりとした仕事観、社会観、そして人間観と人生観を身につけていくことこそ本当に大切な学びではないでしょうか。お客様は私たちスタッフひとりひとりを見てお店や会社のイメージを判断されます。私たちは仕事を通じ、自分たちを磨きひとりひとりが輝いていくことを大切にしていきます。

しかしながら昨今、一部の大手飲食企業における不祥事が続き飲食業に対するイメージが悪化してしまったのは大変残念なことです。そのような社会情勢を鑑み、foojoyでは2014年に経営指針書を改変し、理念に飲食業界で働く人たちの地位向上を加え、さらに人づくりを改めて大切なミッションとして再定義しました。

お客様に困らされることもあります。仕事の中で泣くこともあるかもしれません。しかしそうした経験のひとつひとつを自分の人生の糧にしてゆける、不器用な人も、自分に自信が持てない人も輝いていける、そんな会社づくりをしていきます。大手企業にはない中小企業の魅力はひとりひとりへ私自身の目が行き届き声をかけることができることです。そして同時に労働環境も他業種に劣らない水準を実現していきます。

単なる作業、労働は仕事ではありません。心を込めて、人のためお役にたってこその仕事だと私は信じています。foojoyにはすごく頭のいい人も、すごく器用な人も必要ありません。他の人への思いやりや優しさに溢れた「心」のある人と出会いたいと思っています。

 

株式会社foojoy

代表取締役 高橋洋平